本文へ移動

あんこ道

さすらいのあんこ職人

さすらいのあんこ職人 小幡寿康さんとは?

あんこ
さまざまなメディアで話題
あの有名タレントも、小幡さんのあんこにもん絶‼
 
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」やフジテレビ「国宝にんげん」など、“極上のあんこ炊き”が注目され、さまざまなメディアに取り上げられる小幡さん。番組内で、小幡さんのあんこを食べたあの有名タレントが「小幡製餡所を作りたい」と大絶賛していました。
それもそのはず。小幡さんの作るあんこは、老舗和菓子店の職人ですら、こぞって教えを請う究極のあんこなのです!
 
自分の店を持たず店から店へと渡り歩いては極上のあんこを炊き、その技一つで、30軒以上の菓子店を再建させてきた小幡さん。一般的に5~6時間かかるところを、およそ40~50分で完成させるという型破りな技で炊かれるあんこは、小豆本来の香りと味を秘めた“極上のあんこ”と称されているのです。
 
そんな小幡さんが、「ふる里」に来て伝説のあんこ炊きを教えてくれました。

「あんこ道」に込めた想い

あんこ道
「ふる里」では、小幡さんに教えていただいた“極上あんこ”を使ったお菓子には、「あんこ道」という名前を付けました。
「道」という言葉には、専門や方面という意味、人がふみおこなうべき、道徳や道理という意味もあります。
小幡さんが人生をかけて追求してきた、あんこ。
「自分の技術を次世代に受け継いでいきたい」という小幡さんの想いに応えられるよう精進していくという覚悟を、「あんこ道」に込めました。
小幡さんとふる里スタッフ

あんこ道 商品一覧 <12月30日発売>

TOPへ戻る